梅雨に悩む髪の毛のうねり対策

湿気の多い梅雨時になると、髪の毛の状態、特にうねりが気になるという方は少ないでしょう。髪型が決まらないと、気持ちも梅雨空のようにどんよりとしてしまいがちです。 そもそも何故梅雨になると髪の毛がうねってしまうのでしょうか。それは、この時期の湿気が髪には多すぎるためです。 髪の良好な状態を保つことの出来る水分量は決まっていて、全体の10%から15%、湿度で言うと50%から70%程です。雨降りの湿度は100%にもなりますから、これでは湿気を含んだ髪の水分量が増えすぎてしまいます。それがうねりに繋がり悩まされる原因となるのです。また、傷んだ髪の毛は湿気の影響を受けやすく、さらに強いうねりを出してしまいます。 梅雨のうねりを乗り切るには、日頃からヘアケアを怠らないことも大切です。しかし軽減はされても、完全にうねらない髪の毛でいることは難しいことです。お団子やポニーテールといった可愛いまとめ髪を試してみたり、ヘアアレンジで乗り切ってみるのも悩みを楽しに変える一つの方法です。どうしても気になる場合は、パーマや縮毛矯正で解決すれば、ストレスも随分と無くなります。 自分に合う解決方法を見つけ、上手に髪と付き合っていきましょう。