梅雨の湿度での注意点

梅雨は雨ばかりで洗濯物が乾かないといった不満が生じることがあります。それ以上に、気をつけるべき点は湿度です。湿度が高くなることで室内でも熱中症にかかってしまうことがあるからです。日差しが強く、気温が高い時ほど熱中症になりやすいと思われがちですが、実際には梅雨の時期の方が危険です。 また、湿気によって室内にカビが生えてしまうことがあります。窓に結露ができやすいという時は、適度に結露を拭き取ることをお勧めします。そのままにしておくとカビ発生の原因となってしまうからです。特に、水周りは頻繁にチェックした方がいいかもしれません。キッチン周りはよく使う場所ということから、必然的にチェックするものです。問題は浴室や洗面所です。洗濯物を浴室や脱衣所、洗面所で乾かすという家庭も多くなってきています。いつも以上に湿気取りを用意することをお勧めします。 しかし、適度に湿度は必要です。と言うのも、肌の乾燥や喉の乾燥に繋がってしまうからです。人間にとってちょうどいいのは50%前後となっています。梅雨の時期は70%以上になってしまう時も少なくありません。ちょうどいい数値にするためには、エアコンの除湿機能などを有効活用することです。最近は除湿機という専門的な機器も市販されています。小型のものもあるので、場所を取ることもありません。除湿機は文字どおり湿気を取り除く機器ですが、ずっとつけっぱなしにしていると喉が乾燥しやすくなるので、適度に調節することがポイントです。