梅雨の時期はいつ頃なのか

梅雨とは夏頃に北海道を除く各地で曇りや雨の日が続くシーズンのことを言います。 ちなみに秋雨は秋に上記のような日が続く日のことを言います。 しかしどちらの場合でも北海道南部の一部地域では雨が降る日もあります。 毎年梅雨の始まりは違います。 梅雨前線と呼ばれる停滞する前線が沖縄方面から徐々に北上していきます。 エルニーニョ現象やラニーニャ現象のように海面の温度が変化する年では時期が遅れる場合があります。 例えば前者の現象の場合、時期は遅れますが、偏西風が大きく蛇行します。 蛇行することで高気圧の張り出しが弱くなります。 この為、日本列島に前線が居座り、尚且つ全国的に低温傾向になります。 普段通りに沖縄では5月ごろから、九州や関東などは6月頃から雨の日が続く天気は何の現象もない年のみであることが気象研究の中で分かっている事実です。 明ける時期もエルニーニョ現象などでは遅くなります。 普段通りであれば沖縄から順番に九州、中国四国、近畿東海、関東、東北南部の順に開けますが、九州北部と東北南部がほぼ同時期に明けることもあります。 又、晴れているように見えるのに明けないのはなぜと思う方がいるかもしれません。前線による雨ではない場合でも、雨の日が続く場合や、薄曇りで多少晴れ間の出る日であっても長期間の梅雨と見なされる場合もあります。明けの判断は難しく、明けた後に大雨などが降れば予報に対する信頼に関わります。ですから慎重に予報をしているというわけです。 又、明けたかどうかを決めるのは各地域ごとの気象台の予報官に任されています。