春先の時期に見られる菜種梅雨という言葉が存在します

日本では、四季折々に季節の変化を楽しむ事ができます。雨が多く振る季節なども存在していますので、屋内で雨の音を聴きながら、語らい合うのもまた一興です。  雨がよく降る時期としては、梅雨があります。この言葉は、一般には6月頃に一定期間降る長雨をイメージする人も多くいます。しかし、春先には、春の嵐という言葉も存在している様に、空模様が変化をきたし易い時期になります。3月から4月にかけて降る雨を、『菜種梅雨』という呼び方で表現する場合があります。文字通り、春先の菜種の収穫がある時期に降る雨という事で、この呼び方がされています。気象用語として利用される事もあり、春の長雨と同じ意味で使用される場合があります。  梅雨というと、やはりイメージするのは、ある一定期間雨が降り続く状態がありますが、季節毎に呼び名も変化して使用されています。俳句の世界にも季語が存在する様に、季節の変化が著しい日本ならではの呼び名であるともいえます。